フィトテラピー エステティックサロン Les Deux Feuilles | 片瀬江ノ島 レデゥフイユ

写真 2017-05-19 13 21 15

 

時々、白を身にまといたくなります。

新緑が綺麗な季節、肌が日に焼けた夏に、リゾートで、そして冬の白も。

真っ白も、優しいアイボリーも、どちらも好きですが、エステ施術者なのに顔以外は

日焼け(それでも江ノ島では白い方です.. )派の私は、夏は白、冬はアイボリーを選ぶことが多いです。

 

爽やかに見える白ですが、元々爽やかな人間ではないので…

どちらかというと自分を見るような、自分がどう映るか、どんな白になるのか試しているような感覚かも。

色が無いからこそ顔が見える、自分が作り出す空気感や質感が分かりやすいのかなと思っています。

“レフ板効果”なんて言いますが、はい、確かにそれもあります。

ただ単に、旅行先で浮かれてバカンス気分を盛り上げるための白でもあります笑。

 

逆に、サロンでのフェイシャルトリートメントの際は、白は着ず黒一色と決めています。

お客様がメイクを落としすっぴんをお見せになるので、私もレフ板効果無しの黒&すっぴんでお迎えします。

スキンケアのお話をさせていただくのに、メイクで顔を作っていては説明になりませんので…

沢山飲んだり夜遊びした翌日は、「昨日遊んだでしょう?」と、鋭いお客様に突っ込まれることもございます。

 

名前の通り、光合成が大好きな私は、日焼けした肌に白いシャツ、白いデニムがこの時期1番好きです。